ブログ詳細

5月20日 MAM(マーチ・アゲインスト・モンサント)DAY 全国5都市で「遺伝子組換えルーレット」上映会開催!

mamsite

5月20日 世界数百都市で、NON GMOへ行動するMAM(マーチ・アゲインスト・モンサント)DAY。
日本豊受自然農では、昨年に引き続き、MAM日本イベントに登録しCHhom5校(東京、札幌、名古屋、大阪、福岡)及びRAH英国校で「遺伝子組換えルーレット」上映会など自然な種や食の問題を考えるイベントを開催いたします!
http://www.march-against-monsanto.com/
EUなどに比べ日本の不完全な遺伝子組換えの食品表示システムにより多くの日本人は遺伝子組換え由来の食べ物(GMO)を毎日大量に食べていることすら気づいていません。

march-against-monsanto-696x350
一方で、欧州やロシア、そしてアメリカの教養層など世界の多くの国組では、健康のため、NON GMOへと転換していっています。
このため、これらの国々でボイコットされた遺伝子組換え(GM)の食べ物や飼料が大量にアジアに流れ込んでおり、既に、日本と中国が、遺伝子組換え農作物(飼料、油、加工品含む)の世界最大の輸入国となっています。

MAMイベントリスト
そして、多くの日本人のこのGMOの問題への無知・無関心は、実は、世界の多くの人たちの幸せと健康、そして生態系にも大きな影響を与えています。
まず、GMO問題について、事実を私たちは正確に知ること。そこからすべてが始まります。そしてこの大切な事実を知った方はぜひ食べるものを選ぶこと、そして事実を伝えることからから始めましょう。
▼サルでもわかるNON GMO生活ガイド

この油は買わにゃいで!
http://gmo.luna-organic.org/?page_id=22
なお、今年のマーチ・アゲインスト・モンサントデイではNON GMOに加え、ワクチン問題が大きな焦点となっています。昨年政府CDCが自閉症とワクチンに関する事実を隠ぺいしてきた不正を追ったドキュメンタリー映画「VAXXED」を公開、全世界で大きな反響を呼んでいますが、トランプ政権下で長年、ワクチンに含有され人体に投与されてきた水銀による健康被害を政府ワクチン安全委員会の議長に就任したロバート・Fケネディ・ジュニア。が取り上げ、全米で大きな関心事となっていることなどもMAMの公式WEBサイトで取り上げられています。
▼MAMウェブサイトから
「ワールド・マーキュリー・プロジェクト10万ドル(1100万円)のチャレンジ:チメロサールを人体に注入しても安全という証拠があるならロバート・Fケネディ・ジュニアの10万ドル(1000万円)支払うと宣言(World Mercury Project’s $100,000 Challenge: RFK Jr. Will Pay For Proof Thimerosal is Safe To Inject Into Humans)」

http://www.naturalnews.com/2017-03-15-monsanto-tried-to-hide-evidence-of-glyphosate-roundup-causing-non-hodgkins-lymphoma-court-documents.html

(関連記事リンク)JPHMAホメオパシー新聞より

【検証①】ワクチン推進派「予防接種は「効く」のか?」「ワクチンに含まれるチメロサール程度の量で水銀中毒になったり、自閉症になるという生物学的な妥当性はないのです」という大嘘

http://news.jphma.org/2013/10/jphma-f528.html

水俣条約の水銀削減対象からワクチンに含まれる水銀(チメロサール)が外された理由

http://news.jphma.org/2013/11/post-6243.html

▼ロバート・Fケネディ・ジュニアの記者会見の模様

https://www.youtube.com/watch?v=EwcMmwTBLFg

上記削除されましたので以下からご覧ください

GR_B5-213x300 (5)

▼「遺伝子組換えルーレット」視聴者の感想はコチラのリンクからご覧になれます!

http://toyouke.com/blog/12419.html

▼日本豊受自然農は、4月2日 「第6回 日本の農業と食 京都シンポジウム ~自然回帰 日本再生は、自然な農林業と心~ 」(↓詳細)を開催します! 昨年に引き続き、自然な種と自然な農林業、安全な食、そして心と体の健康などをテーマに日本の復興を願って開催される大会となります。
http://toyouke.com/kyoto2017/

(NON GMO問題を大きく扱い、急逝された安保徹先生にも登壇いただいた昨年のシンポジウムのダイジェスト映像↓)

▼「激変の時代を生き抜く食事 自然に生きれば 幸せになる
-自然な食、自然な農業、自然な心、そして自然な医療を取り戻そう-」
日本豊受自然農 由井寅子
(平成28年度 日本綜合医学会 第24回健康小論文 優秀作品)
http://toyouke.com/blog/12672.html