ブログ一覧

日本豊受自然農がオーガニックライフスタイルEXPO2017に出展します

2017年7月29日(土)、30日(日) 2日間にわたって 東京 有楽町の 東京フォーラムで開催されるオーガニックライフスタイルEXPO2017に出展します。

自然型農業からの日本復興を目指す!

自然農が広がればA

東日本大震災直後、被災した福島、宮城、岩手各県を支援物資を持って巡る中で日本自然農代表となる由井寅子は、これからの時代、日本にとって最も重要になるのは、安全で栄養ある食の供給であると悟りました。
そして、自然な種、無農薬、無化学肥料、土づくりにこだわった自然型農業こそが日本の復興につながると信じ、2011年秋に、農業生産法人 日本豊受自然農を設立し、静岡県函南町に農地を取得して本格的に農業を始めました。農場は、静岡県の伊豆半島(メインの圃場は函南町)と北海道の洞爺湖畔の2ケ所にあります。

自然農がひろがればB

「日本農業を、若者が収入面でも夢を持って就業できる産業に!」
農業を元氣にするには、若者が収入面でも夢を持って就業できる産業に農業の地位を高めていかならない。そのためには平均時給100~200円の一次産品の供給では自立型の農業は難しい。やはり、加工度アップやオーガニック、ナチュラルでの付加価値をつけていくことが必須と考え、六次産業化により、産業として雇用を創造し自立できる農業の新モデル確立に挑戦しています。

産

「自然な種、土づくりにこだわるオーガニクスな農業技術の確立目指す」
NON GMO、NON F1種など在来種、固定種、自家採種など自然な種にこだわった農業を目指しています。
農薬、化学肥料不使用で、土づくりを重視した自然農を行っています。農薬、化学肥料、有機肥料に依存しない代用として、落ち葉発酵堆肥を触媒として農地に撒いたり、植物乳酸菌発酵液「アクティブプラント」、ハーブ&ホメオパシー、麹菌、竹乳酸菌、森のミネラル、自然農の野菜や牧草を食べさせて育った牛の糞などを畑に入れることで、多くの微生物(土壌菌)たちの助けも借りた農業を実践しています。

「竹水入り化粧品、自家製味噌、クッキー、ハーブ入り枕」など出展、200種類以上の農作物、加工品を展開」
現在、米、小麦、大麦、大豆、野菜、ハーブ、果実など、両農場で100種類以上の農産物、さらに味噌、醤油、豆腐、豆腐、レトルト食品、パン、クッキー、漬物、からジュースなどの加工食品・飲料、フードパウダー事業、そして自社自然農の野菜やハーブを原材料に使って石油由来化学物質不使用の化粧品シリーズなど100種類以上の加工品にも取り組んでいます。また、自然農だと、花も茎も葉も根もさらに皮も栄養源として有効利用できます。ナチュラルで栄養ある農作物未利用部の活用に力を入れています。

美

「農家が自然農 和食のオーガニクスレストラン、ショップ、インターネットモール事業を東京に展開」
2014年12月に、東京の世田谷区用賀に、オーガニクスな和食文化の創造と普及、そして子供たちへの「食育」を目指した豊受オーガニクスレストランを設立、併設のオーガニクスショップ、今年からスタートするインターネットモール事業を通じて、自然農の農家が最終消費者とダイレクトにつながるビジネスモデルの確立に取り組んでいます。

IMG_6972★★

「日本の農業を元氣に!」
農業は国の礎、先祖から伝承してきた穀物や野菜の種や、豊かな国土が育んできた豊穣な土、空気や水、そして森林も大切な資源で、これらを破壊せず回復していくことも私達の大切な使命だと自覚しています。特に、「種子」の問題は大事なテーマと考えており、毎年主催する「日本の農業と食のシンポジウム」、「映画上映会」、本の種子(たね)を守る会」への参画なども通じて、「種子」を守ることの重要性を社会に訴え、自家採種などの自然型農業を推進しています。

▼テレビ静岡で7月6日放映開始 「日本の農業を元氣に!」
★画像リンクURL COMING SOON!★

YOGAS2017夏号に掲載されました!

用賀の街路樹「さるすべり」から生まれたご当地キャラ「よっきー」でお馴染みの東京世田谷区用賀の商店街が編集する会報誌「YOGAS」2017夏号に豊受オーガニクスショップ&レストランが掲載されました!

YOGAS2017サマー

用賀の街でみかけられたらぜひお手にお取りください。ちょっぴりお得なクーポンも!

豊受オーガニクスショップ&レストランでは商店街のイベント時には、福引き券がもらえる企画などにも参加しています。

7月3日 日本豊受自然農も 参議院会館で行われた日本の種子(たね)を守る会設立総会に参加しました。

タネはみんなの宝!
7月3日、日本豊受自然農のスタッフが、「日本の種子(たね)を守る会設立総会(参議院議員会館講堂)」に参加しました。300名を超え立ち見がでるほど多くの方の関心が集まる中、設立総会は盛会で終了。
2017070314550000
その後、記者会見も様々な内容に及ぶ質疑が行われました。
2017070317380000
種子(たね)を守ることは命を守ることです。
日本豊受自然農は今後「日本の種子(たね)を守る会」にも参加し、この問題に関心を持つ方々とも手を取り合って活動していきます。
また、自然な種から始まる農薬、化学肥料を使わない自然農を通じて、日本の種子(たね)を守るための行動の大切さを多くの人に発信していきます。
なお、今回の設立総会に合わせ作成された「種子法廃止 タネがあぶない!」の8つ折りリーフレットを豊受オーガニクスショップ&レストランででも頒布します。
事務局に確認したところ、PRしていただくのであればFB掲載OKということでリーフレット一部画像をアップさせて頂きました。(画像参照)
タネがあぶない!1
タネがあぶない!2
興味ある方は入手してください。日本豊受自然農でも引き続き、「日本の種子(たね)を守る活動に取り組んでいきます。
(参考)
▼今回の「主要農作物種子法」廃止法案の成立に思う。 日本豊受自然農代表 由井寅子
http://toyouke.com/blog/12901.html
YOUTUBEで公開されました。
https://www.youtube.com/watch?v=TcmQDDIhHAU
https://www.youtube.com/watch?v=aFt2OIb0qts
★以下 「日本の種子(たね)を守る会」 呼びかけ内容
設立総会プログラム
第1部 記念講演 西川芳昭龍谷大学教授
「種子の多様性を守る——人間と植物の共生の視点から」
第2部 総会
1. 発起人代表 挨拶
2. 設立について 設立趣意書の採択
3. 会則について
4. 事業計画・執行体制について
5. 新会長挨拶
当日はリーフレット(「種子法廃止 タネが危ない!」仮題)5万部の頒布(一部10円)を予定しております。
ーーーー
 主要農作物種子法(以下種子法)は来年2018年4月に廃止されることが決まりました。種子法は日本の農と
食の根幹となるコメ、大豆、麦などの主要農作物の種子を安定的に生産、供給する上での国の責任を定め、戦後間もない1952年に制定されて以来、各都道府県を通じて種子の生産と供給、原種・原原種の生産、地域に合った特性の種子の開発などに大きく寄与してきました。
 しかし、この法律・制度が民間企業の種子市場参入の妨げになるという理由で突然廃止されることになり、今後は種子価格の高騰、各地域に合った特性ある様々な種子の種類の大幅な減少が確実視され、さらには世界の種子市場を独占する国際的な遺伝子組み換え企業・バイオメジャーの進出などの危惧も排除できない状況となりました。また、食料自給率のさらなる低下や食料主権が脅かされる可能性も大いに考えられます。
 そのため、種子法廃止の閣議決定と国会への法案提出を受け、去る2月11日、急きょ「日本の種子(たね)を守る有志の会」を起ち上げ、3月27日、4月10日と2回の院内集会「日本の種子(たね)を守る会」を開催しました。この2回の院内集会では第1回に久野秀二京都大学大学院教授、第2回に西川芳昭龍谷大学教授にご講演いただき、また参加者の意見交換を通じ、種子法の果たしてきた意義や廃止された場合の農や食への大きな影響について、多くの皆様(両日で約 500名)と思いを共有することができたと思います。
 4月14日の種子法廃止決定後、「日本の種子(たね)を守る有志の会」は、先人の苦労や努力とと もに前の世代から受け継がれ守られてきた公共の財産ともいうべきコメ、大豆、麦などの種子を未来の世代にしっかりと手渡すために、日本の種子の公共品種を守るための新たな法律が必要であると考え、そのための体制づくりを進めて参りました。
 その結果、「日本の種子(たね)を守る有志の会」を発展解消し、生産者、消費者など様々な立場の団体、個人が集う「日本の種子(たね)を守る会」として活動を継続していくことを決め、設立総会を下記の通り開催することとしました。
 今後の活動の一環として署名活動やリーフレット作成なども予定しており、設立総会でご案内する予定です。生産者、消費者、すべての市民の方々が立場を越えて、ご参加いただけますようお願い申し上げます(参加の際には下記のフォームでお申し込みをお願いいたします)。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしています。
*なお、これまで「日本の種子(たね)を守る有志の会」にご協力いただき、また関心をお寄せいただいてきた皆様に心より厚く御礼申し上げます。有志の会のメンバーも引き続き新たな「日本の種子(たね)を守る会」に参加、活動して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。「日本の種子(たね)を守る有志の会」一同)

 

豊受自然農・函南農場 土壌再生プロジェクト!

170627-004 日本豊受自然農のメインの圃場のある函南町六本松地区で今回12反の新しい圃場が手に入りました。ここは過去には慣行農場(F1種や、農薬、化学肥料使用)も行われてきた圃場です。 ナチュラル&オーガニックな農業を日本でも当たり前な状況にしていくには、こういった慣行農業を圃場をどうナチュラル&オーガニックに早く転換し再生できるかが大きなカギとなります。とらこ先生は、様ざまな微生物やそれを活かすミネラルの力を借りることで、このことができると確信しています。

今回も自然農の農場へ転換するための土壌再生プロジェクトとして行うことになりました。 170627-010

何百種類の微生物の入った土をまず攪拌します。

豊受オリジナルの微生物やミネラル、ホメオパシーのレメディーを使った土壌再生技術を活用します。くぬぎの落ち葉堆肥をベースに、豊受野菜で育った牛の花子の粉、豊受のハーブ、野菜、麹菌、森のミネラル、さらにホメオパシーのレメディー、マザーティンクチャーに土壌活性液「アクティブプラント」を加え完熟発酵させてつくった豊受堆肥もまいていきます。今回は乳酸菌発酵した竹の粉も土壌改良のために重点的にまいていき、土壌菌として活躍してもらうため、すぐに漉き込んでいきます。170627-029

乳酸菌入りの竹の粉に加え、森林のミネラル、アクティブプラントなども加えて攪拌します

このような農業技術が確立されていくこと、そして農家が豊かになる六次産業化の実践で、自然な種から、農薬、化学肥料を使わない安心安全、そして栄養ミネラルのある食を供給できる農業。豊受自然農は、未来の生命を支える本来の日本の農業が必ずや復興できるのではないかと信じています。 170627-006170627-005

新圃場への鍬入れ170627-009

 軽トラの荷台で何百種類もの微生物入りの土地改良剤を攪拌中

新圃場に武藤農法の改良剤、堆肥を入れていく

170627-013

農機でまけなかった場所は手まきでフォローしていきます。

170627-032

次に乳酸菌発酵させて竹の粉と森林のミネラル、豊受堆肥、アクティブプラントなどを攪拌

170627-031

170627-030

竹粉もミネラルと混ぜて撒く

すくいに入れて圃場にまいていきます

170627-026

微生物たちも乳酸菌発酵竹粉も土の中で土壌菌として活躍していただくため、すぐに漉き込んでいきます

今日のトラクターは宮田君①

本日のトラクターのオペレートは農大卒 3年目の宮田君 170627-028

これだけまとまった区画の耕耘は初めて少し緊張気味

170627-027

170627-003

今後の土壌改良の成果が楽しみです。

豊受野菜ユーザー便り 島根 道繁良さんより

元RAHロンドン校でスタッフで、現在は島根県でセンターを開きホメオパスとしても活躍されている道繁さんが豊受の野菜の愛用者であり、ブログで豊受野菜も紹介いただいていましたので、本人にも承諾いただき、豊受ブログでも紹介させていただきます。

17265210_771598433017167_8945927394339872147_n

道繁さんのブログ記事から


▼豊受自然農のサトイモ ファイトケミカルとの戦い ~症状は記憶を呼び覚ます~
https://ameblo.jp/aburajet/entry-12268362141.html

o1110148013920767270

▼イクメンホメオパスが作る離乳食
https://ameblo.jp/aburajet/entry-12280538715.html 
o0960128013952478146

豊受についての体験談やトピックスがございましたら、info@toyouke.com までご連絡ください。

豊受神饌御膳がスタート!

お待ちかね!
豊受神饌御膳がスタートします。

豊受神饌御膳

【夜昼とも前営業日までに予約必要となります!】

★お品がき 〈昼の部、夜の部の共通〉

 ・小鉢 〈胡麻豆腐、もみじおろし、みたらし餡〉

 ・小鉢 〈白和え、ひじき、人参、きぬさや〉

 ・平皿 〈里芋旨煮、里芋塩蒸し、青野菜〉

 ・煮物 〈高野豆腐、人参、椎茸、青野菜〉

 ・舟形 〈わかめと野菜のポン酢マヨネーズ和え、蒟蒻辛煮、たけのこ土佐煮、茹でキャベツ、醤油麹〉

 ・五目御飯 〈ごぼう、人参、蓮根、ひじき、青野菜〉

 ・漬物

 ・本日のお吸い物

★夜の部だけの、プラスのお品書き

 ・野菜天婦羅 〈さつま芋、人参、青野菜〉

 ・甘味 〈手亡豆のぜんざい、紅花餅、桜の花の塩漬け〉

夜の部

写真は夕食バージョンのイメージ写真。2500円(+500円付け出し)【税別】

甘味2

夕食には和のデザートがつきます。また食前に別途付け出しがつきます。

 

 

昼の部

写真は昼食バージョン イメージ写真 昼は1500円【税別】

昼の部 1500円(税別)

夜の部 2500円(税別)

※夜の部は、通常別途席料として、お通し代が付きますが、神饌御膳は、右記のお代に席料を含ませていただきます。別途お通しはお付けいたしません。

※完全予約制

〈ご来店前日の営業時間内にご予約ください。当日のご注文はお受けしておりません。あらかじめ、ご了承ください。〉

※野菜中心ですが、一部山の幸、海の幸なども入ります。季節による旬の食材などで内容は異なりますので予めご了承ください。

予約用電話番号 03-5797-3252

▼食べログ
https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131707/13176512/
▼神饌料理とは・・・
http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/omatsuriiroha/shinsen/