2022年6月18日(土)第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム『食糧危機を乗り越える鍵は豊受式自然農にあり』開催!▶︎

来賓講演

印鑰 智哉

OKシードプロジェクト事務局長
  世界の食問題研究家

PROFILE

アジア太平洋資料センター(PARC)、ブラジル社会経済分析研究所(IBASE)、Greenpeace、オルター・トレード・ジャパン政策室室長を経て、現在はフリーの立場で世界の食と農の問題を追う。ドキュメンタリー映画『遺伝子組み換えルーレット』(2015年)、ドキュメンタリー映画『種子ーみんなのもの? それとも企業の所有物?』(2018年)いずれも日本語版企画・監訳。『抵抗と創造のアマゾン−持続的な開発と民衆の運動』(現代企画室刊、2017年)共著で「アグロエコロジーがアマゾンを救う」を執筆。

OKシードプロジェクト事務局長
▼OKシードプロジェクト
https://okseed.jp/

「小学校や障がい児介護福祉施設にゲノム編集トマトの苗を配らないで!」オンライン署名発起人
▼オンライン署名ご協力御願いします。
オンライン署名はこちら

▼印鑰智哉さんのブログ、facebook
http://blog.rederio.jp/
https://www.facebook.com/InyakuTomoya

関連リンク

▼「世界におけるGMO・グリホサート問題の現状」【第9回日本の農業と食を考えるシンポジウム講演】

▼『「ゲノム編集」は何をもたらす? 解決策の自然農を拡げるために』【第21回JPHMAコングレス講演】

▼「生態系の危機と食の未来」

▼「食品に含まれるラウンドアップの破壊的影響、そして前代未聞の新GMOによる生存の危機」

PAGE TOP