第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

函南6月12日(金)

天候:雨 気温:最高23℃ 最低19℃。本日は各拠点用野菜の出荷,カレンデュラ乾燥処理,夏野菜種蒔きを行いました。15日の料理教室用の各種野菜、ワラビ、セリ、柳蓼、ルッコラの薹、レタスの 薹、ディル、カレンデュラの花、木の芽なども合わせて出荷しております。柳蓼は田代の田んぼの畔にありました。遅くちの夏野菜は、ナス、トマト、キュウリをやる予定で本日はナスを2種類播種しました(白なす、大長ナス)。

K1

ハウス脇に植えたユリが咲きました。

K2

昨年ゴボウを植えたところにごぼうが。。。大きくなっていた。

K3

田代田んぼの柳蓼。

K4

遅くちナスの播種。

K5

本日のぴーちゃんたち。