第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

函南3月10日(火)

天候:晴 気温:最高12℃ 最低6℃。カレンデュラの植え付けは全て完了。残った土地にはキャベツを植えました。その後、大根の間引き、白菜の急速冷凍処理、エキナセアのポット植え、椎茸用の丸太切りなども行っております。

K1

カレンデュラ定植。

K2

紫キャベツ定植。

K3

大根間引き。

K4

冷凍保存用白菜のパック詰め。

K5

冷凍保存用白菜の真空処理後。

K6

椎茸用原木丸太作り。

K7

エキナセアのポット植え。