第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

函南6月24日(火)

天候:曇り後雨 気温:最高27℃ 最低21℃

本日は由井先生をはじめ、東京より援農の皆様に参加していただき、栽培していたニンニクとタマネギの収穫作業を行いました。 収穫が終わり、ひと息ついた夕方からは豪雨。タマネギが濡れなかった事に感謝するとともに、皆様の本日の作業に感謝申し上げます。

k1

本日は梅雨の合間をぬってタマネギの収穫作業をおこないました。 タマネギ、立派な大きさになっていました。

k2

東京より援農の皆様も加わり、たくさんのタマネギを収穫しました。

k3

昨年12月に定植した時は苗も小さく、少し心配でしたが、立派に大きくなってくれました。 ありがとう。

k4

本日のランチには、ついに豊受豆腐がお目見えです。もちろん原料の大豆から全て豊受産。 製造場所もこの工場です。とにかく美味しかったです。感動です。

k5

こちらは豊受パン。もちろん小麦から全て豊受産。こちらもこの工場で作られたもの。 両サイドのバジルペーストと夏みかんジャムもすべて豊受函南工場産です。 そのむこうのポットには生ハーブティ。贅沢な食卓、美味しいランチでした。