ブログ詳細

秋田県の有機農家団体が「あきたこまちR」への全面切り替えに反対!

たびたび日本豊受自然農でも問題視してきた「あきたこまちR」の問題ですが、昨日、秋田県の有機農家でつくる団体が「あきたこまちR」への全面切り替えに反対したと、テレビや新聞でも取り上げられました。 全面切り替えの必要性や、安全性への懸念があると、私たちも感じていましたので、今回の秋田県の有機農家でつくる団体の表明には賛同します。 有機農家にとっては生産継続に不可欠な問題であり、全面切り替えするというような強行な政策は控えてほしいと思います。 秋田県はこの団体の表明を真摯に受け止め、今後の政策を検討していただきたいと思います。 このままではあと1年で全面切り替えとなりますので、このような生産者や消費者の声にも是非とも耳を傾けてほしいと願っています。