第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

第19回みなのテレビ■自然農の玉ねぎ

今週の第19回『みなのテレビ』は玉ねぎ畑からお届け。
https://tv.toyouke.com/video/208

C22FADD4-4423-4D9A-9068-3C70AC7B39DF

 

畑のシェフ横田さんのクッキングを中心に
❤アンチエイジングの味方の「玉ねぎ茶」
❤備蓄にもピッタリの乾物を使った「みそ汁」
❤葉を使った「玉ねぎ味噌」のおにぎり
❤〇〇がサクサク衣の秘訣「オニオンリング」
❤万能だれで漬け込んだ「玉ねぎステーキ」

…など、玉ねぎづくしの簡単レシピをご紹介しました。


「なぜ今、価格高騰している玉ねぎづくしで?」
「スーパーでは3倍になっているときにこんなレシピなんて!」

という声もあるかもしれません。
でも、だからこそ。

種取りから堆肥づくりまで、自分たちで行っている
自然農だから、世相不安の影響を受けずにいられるのです。

お天道様に向き合いながら、実った作物を慈しみ、
愛情をこめながら地道な農業を続ける自然農のありかたを
見ていただけたらうれしいです。

寒さや日照時間の不足など、自然要因による不作は
農家にとって覚悟すべきこと。
しかし、今起きている価格高騰はそれとは違います。

世界の動きに連動して、
化学肥料や農薬と、それらの輸入に依存してしまった
慣行農法ならではの弊害といえるのかもしれません。

不安定な世界情勢が長期化が予想され、
食料危機はこれからが本格化の予感です

それでも、安心安全な食を確保したい!!
ならばこれからのヒントは「依存しないこと」

「自家採種」「無農薬無化学肥料」「土壌菌」
「備蓄の大切さ」「家庭菜園」「昔ながらの日本食」など
これまでに、たくさんのキーワードがありましたね!
みんなで地域や家庭から、生産をはじめてみませんか?
畑から、なんでも、自分たちで育てましょう。
愛情いっぱいの、母性あふれるお料理を作りましょう。

豊受自然農ではこれからも、
おいしく食べて危機を乗り越えるためのヒントを
お伝えしていきます♪


6/18(土)に行われる「第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム」では、
ここまでの集大成となるアイデアや取り組みを、各分野の実践者とともに紹介させていただきます☆彡

東京・用賀での会場参加のほか、
ストリーミング配信でもご視聴いただけます。

https://toyouke.com/tokyo202206/entry/

 

番組視聴は下記をクリック
https://tv.toyouke.com/video/208

★とようけTV-webでは、他にも多くの動画をご視聴頂けます!
https://tv.toyouke.com

★インスタフォローもよろしくお願いします。