第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

有機農業の日にプレスリリース実施しました! 「食糧危機・自然農」テーマにした 『第13回 日本の農業と食を考えるシンポジウム』を12/11開催

12月8日有機農業の日に「第13回 日本の農業と食を考えるシンポジウムのプレスリリース」を発信しました

(↓)プレスリリースURL

https://www.atpress.ne.jp/news/288761

鈴木宣弘、印鑰智哉、岩泉好和、ジェフリー・M・スミス、由井寅子他発表

農業法人 日本豊受自然農株式会社(本社:静岡県函南町、代表:由井寅子)は、「食糧危機・自然農」テーマにした『第13回 日本の農業と食を考えるシンポジウム』を12月11日(土)オンラインにて開催いたします。

第13回 日本の農業と食を考えるシンポジウム

 

「農家を苦しめる政策が続けば、日本は必ず飢餓に陥る」

農業書で異例のベストセラーで注目の『農業消滅』(鈴木宣弘東大教授新刊)を法人代表が読み、食の安全も含め日本に『食糧危機』が迫る中、農業と食についてもっと多くの人々に関心をもってもらいたいと今回の企画がスタートし、この問題に第一線で取り組まれている先生方にも登壇いただけることになりました。オンライン配信後、数日間はアーカイブ配信を予定しております。(参加視聴は無料)

 

大会長、当社代表の由井寅子が基調講演として「食糧危機を乗り越える鍵は自然農にあり」をテーマに発表します。日本にとって食糧危機の全体像を俯瞰的にどのように認識する必要があるかについての考えを述べ、自然型農業での六次産業化に取り組む農家としての立場から、また自然療法家として多くの方々の「食と健康」の問題に向き合ってきた経験から、今後危惧される食糧危機、そして食糧危機に引き続き予想される健康危機についての具体的な解決策や提言を発表する予定です。

 

大会長からのメッセージ

https://toyouke.com/tokyo202112/greeting/

 

「今だけ、金だけ、自分だけ」の流行語を生んだ鈴木宣弘教授にはこれら問題の背景、核心にも通じる「占領政策」「コメ危機」「学校給食」をテーマに発表いただきます。

 

世界の食問題研究家の印鑰智哉さん。OKシードプロジェクトを事務局長として立ち上げ「日本の「ゲノム編集トマト」のターゲットは子ども達だった!」と警鐘、署名活動に取り組んでいます。「ゲノム編集技術」や「食の問題」の世界の最新注目情報を発表いただきます。欧州でゲノム編集作物の栽培や食品への影響についてのエビデンスをまとめた“Gene Editing Myths and Reality”(邦題、ゲノム編集-神話と現実 https://www.greens-efa.eu/en/article/document/gene-editing-myths-and-reality )の翻訳出版にも取り組まれています。

 

雑穀王国を守ってきた岩手県有機アドバイザーの岩泉好和さんは、「有機JASにおけるゲノム編集技術の取扱いの検討会」委員に就任。有機の基準に「ゲノムを禁止」を答申。主要農作物種子法廃止、種苗法改定と自然な種子の自家採種での農業継承が危ぶまれる中、米、麦、大豆、雑穀など穀類の自然な種子についての大事なお話をいただきます。

 

アメリカからは、ドキュメンタリー映画「遺伝子組み換えルーレット」、「遺伝子を実験室のビーカーから放出してはならない」監督でIRT(Institute for Responsible Technology責任ある技術研究所)所長のジェフリー・M・スミス氏からは、遺伝子編集の日本政府の政策やこの問題についての市民、農家の取り組みについてのメッセージをいただきます。

 

この他にも、「皆様に安心安全な食を提供することが農家の喜びです!」日本豊受自然農スタッフのリレートーク、ベランダで自然農を始められた体験レポート、妊娠、出産、子育てに関わる助産師さんから安心安全栄養ある食が赤ちゃんにとっても大切という話なども伺います。皆様に日本の農業と食の問題に関心を持ってもらうだけでなく、一人ひとりにとってどのような解決策があり、実践していけるかを一緒に考えていく機会にしたいと思います。ライブ会場では、自然農場直営レストラン「豊受レストラン」のご膳やお弁当、ライブ・中継会場では、農場のとれたて野菜や加工品の販売、休憩時間にはおもてなしも行います。多くの方のご視聴、ご来場をお待ちしております。

 

 

【開催概要】

■日時

12月11日(土) 10時~18時予定

※12月14日(火)26時まで継続アーカイブ配信予定(その後延長可能性あり)

 

■テーマ

テーマ:「食糧危機を乗り越える鍵は自然農にあり」

シンポジウム特設サイト

https://toyouke.com/tokyo202112/

 

■参加費

無料(オンライン視聴・会場とも)

 

■参加チケット申込リンク

https://ec.homoeopathy.ac/product/2811

 

■プログラム

https://toyouke.com/tokyo202112/program/

 

■会場

ライブ会場:CHhom東京・用賀校

中継会場:CHhom大阪校

自宅オンライン配信

 

■お問い合わせ

日本豊受自然農 東京事務所

TEL  : 03-5797-3371

E-MAIL: info@toyouke.com

 

農業法人公式YouTubeチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UC1N7anWYlh4aJd92VIq7wPA/videos

※人類・生態系の絶滅まで危惧されたアメリカの事故を特集したジェフリー・M・スミス監督のドキュメンタリー映画「遺伝子を実験室のビーカーから放出してはならない」は上記チャンネルで映画を公開しています。

■主催

農業法人 日本豊受(とようけ)自然農株式会社、日本宇迦魂(うかたま)種苗株式会社、日本豊受自然林株式会社

OKシードプロジェクト「小学校や障がい児介護福祉施設にゲノム編集トマトの苗を配らないで!オンライン署名」を応援しています!

https://okseed.jp/act/?fbclid=IwAR3LTD32uCYY0vs9W9dtSEgErucHe9L4EO0wfV_EW2zd5EaHVVvY16CGhVw

 

ミニトマトの多くはF1種(雄性不稔)、日本豊受グループの日本宇迦魂種苗では日本豊受自然農 洞爺農場で10年間自家採種が繰り返されている貴重な在来種ミニトマトの品種「豊受ステラミニトマト」のタネの販売を今秋開始しました!

https://toyouke.com/blog/16722.html