第14回日本の農業と食を考えるシンポジウム開催報告!!
〜食料危機を乗り越える鍵は”豊受式”自然農にあり〜7/6(水)「種から育てよう-オーガニックの野菜のタネの採り方、育て方-」講師:林重孝(はやし しげのり)先生

ブログ詳細

洞爺7月23日(水)

【本日の業務】・ビニールハウス内育苗管理・セミナーハウス下・ 収穫(オレンジジェム クロスグリ)・セミナーハウス下 収穫(クロスグリ) 加工。

T1 梅雨様の蒸し暑い状態が続いています。雨も多く、収穫物の花が濡れてしまうのが厄介です。

T2

セミナーハウス下のクロスグリを全収穫しました。実の熟し具合は良い状態となってきていたのに、立て続けの雨で実に裂果が起こり始めています。

T3

収穫分の内、実が裂果してしまっている1.7㎏分はこのまま乾燥用にはできないので水洗いの後、ジャム加工をすることにしました。

T4

裂果の起きていない1.5lg分はさっと水洗いの後乾燥処理にかけました。

T5

洞爺ツアー候補 簡易ハーブスチームを試してみました。採集したハーブを洗面器に入れ、

T6

1リットルほどの熱湯を注ぎ、

T7

頭からタオルを被り、蒸気が逃げないようにすれば、簡易ハーブスチームサウナとなります。ハーブの香りをかぎながら良い汗が出ます。写真はタオルを被せているイメージです。ただ、女性の場合は化粧が落ちるという問題があります。こちらは洗面器、タオル、お湯を準備すれば行えます。