お知らせ

「日本の種子(たね)を守る会」の「主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律をつくることを求めます。」署名活動にご協力の願い

★署名、シェア・拡散大歓迎★(⇒https://www.taneomamorukai.com/campaign)

日本豊受自然農も法人会員で参加している日本の種子(たね)を守る会の署名活動にご協力をお願い致します。

第2期締切での署名集約は2018年3月末となっています。

▼署名の詳細は下記リンクを参照ください。

https://www.taneomamorukai.com/campaign

▼署名用紙PDFリンク

SHOMEI SHUSHIHOU

主要農作物種子法に代わる公共品種を守る新しい法律制定を

 

日本の種子を守る会 活動報告 & 上映会

「種子…みんなのもの?それとも企業の所有物?」関東初上映

日時:2018年3月20日(火)13:00~17:30 (12:30 開場)

場所:衆議院第1議員会館1F 多目的ホール

お申込み・詳細(https://www.taneomamorukai.com/20180320)

「種子が大事 -日本の食の安全と、農林業の未来への提言-」

日本豊受自然農主催で5月12日、13日 「第7回日本の農業と食のシンポジウム&上映会」を開催します。

講演:山田正彦(元農相)、印鑰智哉(食の問題研究家フリー)、安田節子(Vision 21主宰)、小名木善行国史研究家)、由井寅子(日本豊受自然農代表)の各氏、自然農スタッフ、自然療法家が発表を行う形で開催します。

イベント特設サイト(http://toyouke.com/kyoto2018/

bn_kyoto2018_980x400

▼由井寅子代表 京都シンポジウム大会長メッセージから

「人が生きるために何が必要か」 ぜひこちらのリンクもお読みください。

http://toyouke.com/blog/14526.html

▼「主要農作物種子法」廃止法案の成立に思う。ー日本豊受自然農代表 由井寅子ー

http://toyouke.com/blog/12901.html

一覧に戻る