イベント開催報告

高地ニルギリ インド政府薬草調査採集ユニット訪問がインドの新聞、TVで報道されました

20161215_3_00-1

12月のインド政府の招待によるスクーリングで高地ニルギリの政府の薬用植物調査及び採集センターを訪問インドの新聞、TVでも大きく報道されました。

 

このセンター訪問は、1昨年 インド政府AYUSH(伝統医学)省 CCRH(政府ホメオパシーリサーチ中央評議会)のマンチャンダ長官が、コングレスで来賓講演をされ、日本豊受自然農の函南農場を視察されたことが経緯で実現、夜には、インドでの土壌学の専門の学者や薬用植物調査及び採集センター、CCRHの研究者とともに学術セミナーも開催されました。

昨年12月のインド政府招待のスクーリング(全行程)の様子は以下のリンクからご覧いただけます。

▼スクーリングの詳細(↓)

http://www.homoeopathy.ac/india2016/2016/12/20161215-3.html

20161215_3_99 20161215_3_18 20161215_3_17 20161215_3_16 20161215_3_15 20161215_3_14 20161215_3_13 20161215_3_12 20161215_3_11 20161215_3_10 20161215_3_09 20161215_3_08 20161215_3_07 20161215_3_06-1 20161215_3_05-1 20161215_3_06 20161215_3_05 20161215_3_04 20161215_3_03 20161215_3_02 20161215_3_01

▼インドの新聞、TVでも報道されました。

 

CHhom インドスクーリングのプログラムの一環、CCRH(ホメオパシーリサーチ中央評議会)の薬用植物園訪問について、インドの新聞3社に報道されました。

その一つは、インド最大全国英語新聞の一つである The Hindu です。
160万人の読者を持つと言われています。

http://www.thehindu.com/news/cities/Coimbatore/Japanese-delegation-visits-The-Nilgiris/article16895240.ece

▼報道の詳細

http://rahuk.blog93.fc2.com/blog-entry-229.html

201612260442087e8

そして、DECCAN Chronicle
南インドの最大の英字新聞社で、発行部数145万部を誇っています。

【和訳】

日本のチーム 薬草研究の為にニルギリ訪問

由井寅子に率いられる日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)から45名の代表団が、ニルギリのホメオパシー薬草について学び、その奇観を日本に持ち帰るため、12月15日(木)に、ニルギリの丘に到着した。
一行は、ホメオパシーの薬草、その使用、そして栽培法における知識を豊かにする為、エメラルドにある、発展拡大しているAYUSH省のホメオパシー薬草リサーチセンター(CMPRH)のホメオパシー薬草園を訪問した。
由井氏は、ホメオパシーの薬草植物栽培において、日印の交流の為、一行はインドにいる。日本のホメオパシーは、未だ初期段階にいると説明。もちろん、ヨーロッパに起源をもち、この数十年間で世界中に広がっているホメオパシーへの大きな反応はある、と思いを巡らせた。
多様な疾患を治療するため、現代医学は、多くの新しい医薬品を開発しているが、世界中の人々は、いまだ、副作用のない医薬品を求めている、と明かした。人の信用を得ながら、素晴らしい成長を遂げながら、ここにホメオパシーのレメディーがある、これらは副作用がなく、より効果的な方法で疾患を治している。
「インドは、伝統医学と民間療法におけるその深い知識で知られている。その様に、インドは、植物の薬をベースに健康的な生活のために、治癒と予防の両方で、植物の薬のパワーを世界中に提供するための多くの蓄えがある。インドが、ホメオパシー医学体系において十分発達し、ホメオパシーのニュアンス、ホメオパシーの薬用植物の栽培、抽出過程、そしてホメオパシーレメディーの調合について教える立場にいるのは、称賛に価する。これが理由で、私達は、ホメオパシーの貴重な学びを受けるためにインドを訪問している。」と加えた。
由井氏は、自然が最善である事を受け入れてもらう為、日本では、JPHMAが、ホメオパシーのレメディーと薬草の化粧品の品質と効果における必要な認識をもたらすためのステップを踏んでいると説明した。
そして「私達は、日本で、ホメオパシーの薬草栽培の対策を施している。」と加えた。

**************************************

そして、ヒンズー語の新聞にも紹介されました♪

こちらは、タミルナド州のローカルペーパー、Dinamalar
http://www.dinamalar.com/

 

201612260442579f4

 

 

dinamalar

一覧に戻る