5月13日 午後の様子

来賓発表:
安田 節子氏(「食政策センター ビジョン21」主宰人、NPO法人「日本有機農業研究会」理事)
『多国籍企業のために脅かされる食の安全』

20180513_kyoto_16.jpg

日本消費者連盟で、食の安全についての活動に長年取り組み、食品添加物の問題、農薬の問題、また遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーンを立ち上げ事務局と務めてきた安田節子さんからは、世界に誇る食品衛生基準のからくりを解き明かす発表となりました。

食べものはいのち、健康を守るものでなければなりません。そのために食品安全規制があるのです。しかしこの安全規制は国民の健康を守るようには機能していません。

具体的には、輸入食品受け入れのために急速に進む安全規制の緩和の実態や、米国の規制緩和要求の内容、TPP日米2国間合意などの話、輸入果実の防かび剤の例をあげ、米国農薬基準の受け入れでは、農薬の多くを食品添加物として指定するすり替えで、国民の食の安全をないがしろにする農薬まみれの食品輸入となる点への事実が伝えられました。

また遺伝子組換え(GM)食品の問題についてふれ、日本が世界でもGM食品の消費先とされている実態が報告され、世界の潮流に逆行する実態が報告され、日本でのGM作物栽培への危惧や、最近わかってきたGM食品の安全性の問題、そしてさらに日本では、遺伝子組換え食品の表示制度を改悪して消費者が購入する場合にGM食品であることがわからなくなるような制度の実態なども説明されました。

2017年4月から始まった日米経済対話の実態に触れ、日米FTAは結んではならない、またTPPとは貿易協定の名を借りたグリーバル企業による国内法規制の無力化である点を力説いただきました。

来賓発表:
山田 正彦氏(弁護士・元農林水産大臣、日本の種子(たね)を守る会顧問)
『種子法廃止とこれからの日本の農業について』

20180513_kyoto_17.jpg

弁護士で元農林水産大臣、日本の種子(たね)を守る会顧問の山田正彦さんからは、4月から廃止された主要農産物種子法によって、日本のコメ、麦、大豆が守られてきた点に触れ、一方、農業強化支援法8条3項では銘柄を集約して、大手企業の為に数種に絞られることになるという政策の問題点が指摘されました。また写真を見せながら農業試験場での原原種の栽培や、県による原種の栽培、種子センターによる種子の調整の様子なども紹介されました。

次に主要穀類の種子が民間に開放されると種子の価格が4~10倍になると危惧され、F1種に変わることで農家が自家採種できずに毎年新たな種を種子企業から購入しなければならなくなる問題点などにも触れ、食料安全保障の視点からは大きな危機であることが報告されました。

実際に始まっている民間のF1種の問題については、農家が契約による種子メーカーに従属する形に変わる実態が実際に農家ととりかわせる契約書を例に話されました。

また農業競争力強化支援法8条4項により、これまで日本が蓄積してきたコメ等の原種、原原種、優良品種の知見を民間に提供することになっている点が指摘されました。

仮説として、現在、コメのF1種栽培を推進している国内企業の背景にはグローバル種子メジャーがいて、日本の貴重な種子を育種権の登録や応用特許を申請することで、将来日本の農家も彼らにロイヤリティーを支払う形となり、日本の農家が国際種子メジャーに従属する形の農業に移行する点の危惧にも触れました。

さらにすでにグローバル種子企業は日本のコメでの遺伝子組換えでのコメの作付の準備を進めており、将来日本ではコメ作りで遺伝子組換え米の栽培が始まる点が危惧される点、既に日本は遺伝子組み換え農作物の承認大国であり、セットで使われる除草剤で健康被害が懸念されるグリホサートの残留許容量を日本政府は昨年大幅に緩和している点なども報告されました。

基調講演:
由井 寅子大会長(日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)名誉会長、農業生産法人 日本豊受自然農代表、カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)学長、百姓、ホメオパス)
『種子が大事 -日本の食の安全と農林業の未来への提言 Public seed 種は皆のもの』― 人が生きるために何が必要か?―

20180513_kyoto_18.jpg20180513_kyoto_19.jpg

日本の農業、食が危機的な状況にある事に際して、由井大会長からは、政治や特定の企業を問題とするこの世的な視点を離れ、食や農業を軽く扱ってきた我々現代人の意識、価値観、生き方にスポットが当てられ、一人一人の気づきへ導く内容となりました。

我々の中にもある楽をして儲けたいという気持ち、無知な人々をだましてでも自分だけ得すればいいという気持ち、日々の食事を軽く扱いお金をかけたくない気持ち、神々への感謝や信仰心を失い、生き物の命をないがしろにする心が、現代の農業と食の危機の背景にあることに触れました。

「世の中が便利になりすぎて、自然と接する機会が減り、自然に打ちのめされたり、自然に対する畏敬の念や自然からの愛を感じる経験が少なくなってしまったことで、我々は神仏から生かされ、愛されているという感覚を忘れている。そしてそれは、我々と同じように命を繋いでいる生き物たちへの尊厳を感じられなくなっている。

その結果、微生物、虫、ミミズなど沢山の尊い命が生きている土に、化学肥料や農薬をまき、その命が失われることに心が痛まない人々が増えているという事。微生物も野菜も人間が愛情を注ぎ、感謝すれば、それに応えてくれ全ての生きとし生けるものは物のように扱われると、生きる気力が萎えてしまうという事。」

「母性を開花させる事で感謝と愛、生きとし生けるものへの利他心が生まれます。温かい家庭を築くこと、仕事や日常の中で利他の精神でやり続けること、信仰心をもって、清く正しく生きようとすることが、日本の食と農業の復興に繋がり、自分を含めた生きとし生きるものへの尊厳へと繋がるのです。」由井大会長からの崇高なメッセージが届けられました。

また、臨床ケースでは、日々の悪い食事が原因で激しい皮膚病と体重の激減、血液の問題を発症した男性に、食の改善とホメオパシーで治癒したケースが紹介され、改めて、家庭の暖かさは、その家庭の「食」に現れるという事、生きる姿勢を変える事の重要性を感じさせる内容となりました。

発表は大きな拍手で幕を閉じました。

体験発表:由井大会長のクライアント

20180513_kyoto_22.jpg

とらこ先生のクライアントさんがホメオパシー相談会を通して得た気づきの体験談を発表してくださいました。

4年前、私はその頃うつ病でした。体はやせ細り、食欲もなく、お風呂も入れず、歩けないのでトイレは這って行っていました。毎日死ぬことばかり考えていました。何年もいわれたとおり薬を飲みましたが、いっこうによくなりません。そんな時「ホメオパシー」を知り、とらこ先生に相談会をしていただくことになりました。

とらこ先生の相談会を通して母親との関係と向き合い、霊性を高めるための祝詞と般若心経を唱えることをはじめました。

私はずっと母の目で自分を見て、否定し、あら捜しをし、自分に意地悪だったことに気づきました。いっぱい泣きました。これからはもっと自分に優しくしてあげようと思いました。その後、自分の中が愛でいっぱいになってそれがあふれていることに気づきました。自分の中が満たされている。いままでにない、すごく不思議な感覚でした。

自分の美しさに気づき、内面の輝きが外見にも表れ美しくなったこの方は、日本の女性のために「自分を好きになるサロン」をつくるという夢を持ち、数カ月後にはオープンする予定ということでした。40年以上も、自分の人生を生きてくることができなかった私に、生きる気力と希望を与えてくれたホメオパシーととらこ先生に、心から感謝しますと述べられ、発表は終了しました。

パネルディスカッション

山田正彦さん、杉田かおるさん、安田節子さん、小名木善行さん、由井寅子大会長などの講演者も登壇しパネルディスカッションと質疑が行われまし た。

パネルディスカッションの冒頭では、3年前にもシンポジウムに参加され、種子法廃止についても自らのブログで「食料安保と土地安保」などの論説を発表されて持論を展開されている南出喜久治弁護士も急遽登壇され、種子法廃止などへの対応についての提案などのシェアがありました。

シンポジウムを通しての登壇者の感想のシェアの後、参加者からの質疑に各登壇者が答える形でのパネルディスカションとなり、参加者の皆さんと、種子の問題、日本の農業の未来や食の安全について、これからどうしていけばよいか、解決策や希望を共有化する場となりました。

閉会の挨拶

最後は豊受メンバー一同も壇上にあがり、由井大会長の締めの挨拶をもって、第7回 日本の農業と食のシンポジウムは大盛況の中、閉幕いたしました。

ご来場の皆様、誠にありがとうございました。
また来年、次回のシンポジウムでの皆様のご参加をお待ちしております。